ワンルーム賃貸住宅を選ぶメリット

家賃を抑えることができる

大学進学や仕事の都合で一人暮らしをするためにワンルーム賃貸住宅を探しているという方は多いことでしょう。そもそもワンルームというのは、文字通り、居室が1つの部屋で構成されている間取りのことです。一般的に6帖程の居室にユニットバスやトイレ、キッチンなどが配置されています。1Kの場合、居室とキッチンスペース、廊下などが扉で仕切られていますが、ワンルームでは居室内に仕切りが全くありません。ワンルームの最大の魅力は、家賃が低めに設定されている点です。部屋がそれほど広くないことから、ワンルームならば一人暮らしの物件相場よりも安く借りることが可能です。したがって、家賃をなるべく抑えたい、お金を節約したいという方にうってつけですよ。

室内の温度差がそれほどない

室内の温度差があまりないこともワンルームの魅力と言っていいでしょう。基本的にワンルームは部屋の仕切りが全くないため、夏の暑い時期にエアコンをつけても部屋全体に風がスムーズに行き渡ります。つまり、室内の温度調整が非常にしやすいですよ。それに反して、1Kの場合はトイレや廊下などに仕切りがあるため、エアコンをつけると家の中に温度差が生じてしまいます。したがって、冬の寒い時期の場合、暖房をつけていても部屋の中を十分に暖めることができません。その結果、寒さが厳しい時期につらい思いをすることもあります。その点、ワンルームは1つの部屋に空調をまんべんなく行き渡らせることができるので、冷え性の女性にはおすすめの間取りですよ。