ワンルーム賃貸住宅の家賃は?

東京23区内では、ワンルームの家賃も高い

単身者向けの賃貸物件として、まず思い浮かぶのがワンルームではないでしょうか。このタイプの物件は間取りが狭いのが欠点ですが、それだけに家賃も低く設定されています。特に地方に行けば、2万円台で借りられる物件も少なくありません。しかし家賃の相場は、立地条件によって大きく異なるのも事実で、大都市へ行くほど高くなるのは言うまでもないでしょう。

例えば東京23区内でワンルームを探すと、殆どの区で7万円以上もかかってしまいます。特に人気の高い港区や中央区の場合、少なくとも毎月10万円以上の出費を覚悟する必要があるでしょう。尚、これら2つの区では、1K物件の家賃相場も10万円以上となっているので、懐具合に余裕のない単身者には手が出ないかもしれません。

大阪圏などでは、東京よりも割安

同じ東京でも都下へ行くと、ワンルームの賃料も下がる傾向にあります。埼玉県や山梨県に隣接する地域などでは4万円台とか5万円台で借りられるでしょう。東京の近県である神奈川、埼玉、千葉などへ行くと、家賃が高いエリアでもせいぜい7万円台までが相場で、むしろ4万円台とか5万円台の所が目立ちます。他の大都市圏の家賃相場を見ても、東京23区ほど高くはありません。 まず大阪ですが、最も相場が高いとされる大阪市西区でも6万円程度、泉佐野市辺りでは3万円未満です。京都や神戸も4万円台の地域が多いですし、名古屋でも3万円台から高くても6万円台が現状でしょう。こうした大都市圏以外の地域なら、もっと安いのは言うまでもありません。通勤や通学の際の交通アクセスを考えながら、より家賃相場の低いエリアで、ワンルーム物件を探してみるのも良いでしょう。